COUNTER46579

Ebetsu Daisan Junior High School


Copyright 江別市立江別第三中学校 All Rights Reserved
 
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
学校長挨拶

   令和3年度のはじめに当たって

                         校 長  畠 山  学


 本校のホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

 江別第三中学校は昭和22年5月に新学制6・3・3制の施行に伴い開校した、創立75年目を迎える、歴史と伝統のある学校です。

 本校の学校教育目標は、総括目標(長期目標)と位置づけ、『緑豊かな自然と開拓者精神を受け継ぎ、未来社会を創造する輝く知性と豊かな心を持ち、たくましく生き抜く人間の育成を目指し、「不易流行」の精神で伝統ある「三稜の教育」を推進する』としており、すべての活動の根底に位置づけています。

※(『三稜(さんりょう)』とは~本校の校章にあるように、外側のペン先になぞらえた三稜(3つのかど)のひとつひとつが、保護者・教職員・生徒を、あわせて校訓「敬愛・責任・勤労」の精神を象徴したもの)


 今年度の本校は、3年生83名、2年生94名、1年生96名、12学級、教職員30名(配膳員2名を含む)の体制で第一歩を踏み出しました。昨年度の成果と課題を明確にし、「三稜の教育」を指標として教育活動の推進に取り組んでまいります。


 令和3年度の教育の推進に際し、

  ◇経営理念として

 『笑顔』 『誇り』 『自律』 『感謝』

 ◇目指す生徒像として

「自ら考え、自律して行動できる生徒」

「感謝の心を持ち、周りを大切にできる生徒」

「体を鍛え、当たり前のことができる生徒」
 ◇経営の基本方針を次の8点とし、教育活動を進めてまいります。

(1)確かな学力の定着と向上

(2)思いやりの心を基盤とし、健康でたくましい体と心の育成に努める

(3)教育公務員としての使命と自覚を持ち、専門性を高め、自信を持って教育活動に取り組む教職員集団作りに努める

(4)特別支援教育の支援体制を確立し、取組の充実に努める

(5)情報を積極的に公開し、開かれた学校作りを推進する

(6)安全で安心な教育環境作りに努め、危機管理を意識した体制の構築を図る

(7)小中学校の連携を進める

(8)部活動を含めた働き方改革を進めていく  

 本校のさらなる充実・発展、さらには本校生徒が持っている優れた力を引き出すために全教職員がチームとなって取り組む所存です。教育の成果は、ご家庭や地域の教育力でさらに確かなものになります。保護者の皆様や地域の皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。


※新型コロナウイルス感染症の終息が見えない中、今年度も引き続き、行事等においての予定の変更が予想されます。道、市教委の指導のもと対応を検討し、スピード感を持って順次お知らせしてまいります。ご迷惑をかけることとなりますが、ご理解ご協力をいただきますようお願いいたします。